おつきみ 

Moon Viewing - "Otsukimi" 



 

「お月見つきみ」って、なに

月見つきみは、平安時代へいあんじだい(794-1185ねん)に中国ちゅうごくからつたわったとわれています。

 

旧暦きゅうれきの8がつ15にちを「十五夜じゅうごや」とい、このがお月見つきみをするわれています。

 

中秋ちゅうしゅう名月めいげつ」ともわれます。

 

いま太陽暦 (新暦たいようれき しんれき) で、すこにちがずれるので、2021ねんの「十五夜じゅうごや」は9がつ21にちです。

 

なにをするの?

月見つきみつきながめる行事ぎょうじです。

このとき一年いちねんなか一番いちばんそらわたり、とてもうつくしい満月まんげつえるといわれています。

 

月見つきみには

  • 月見団子つきみだんご
  • サトイモやサツマイモ、くりなどの収穫物しゅうかくぶつ

をおそなえして、そのとし収穫しゅうかくへのいのりや感謝かんしゃあらわします。

団子だんご満月まんげつ表現ひょうげんしていて、お団子だんごをおそなえしてべることで
健康けんこうしあわせをいの意味いみもあるそうです。


おじいちゃんやおばあちゃんとらしたことのあるかたは、
満月まんげつえる部屋へやに、お団子だんごをおそなえしてあるのをたことがあるかもしれません。

 

最近さいきん都会とかいではあまり機会きかいがなくなってきているようですが、

どもと一緒いっしょにお団子作だんごづくりをして、お月見つきみをしてみるのもいかもしれませんね。

 

りんく

 

What is "Tsuki-mi"?


Tsuki-mi, or moon-viewing (also called "Jyu-goya" or "Chu-shu-no-meigetsu"),

is a practice that was introduced from China to Japan during the Heian Period (794-1185).

 

It is August 15th on the lunar calendar, which translates to sometime between September and early October

on the solar calendar (new calendar used today).

 

This year (2021), Otsuki-mi falls on September 21st, and it is thought to be the most beautiful time

to view the full moon in the crisp air once the humidity of summer has settled. 

 

 

What Do We Do?

We enjoy moon-viewing with tsukimi-dango (rice dumplings) that represent the full moon,

and is celebrated with chestnuts, taro potatoes, and other vegetables of the season.

 

These offerings are made by the window where the full moon can be viewed

to show gratitude and with hopes for an abundant harvest.

There are also hopes for health and happiness by eating the tsukimi-dangos.

 

These days, not many people, especially in the suburbs celebrate the Tsukimi,

but there are some moms and kids who make the dangos together to enjoy this event. 

 

Link

 


こちらもどうぞ  More on MarMar: