Click here for English


まるまーると、かながわ国際交流財団(こくさいこうりゅうざいだん)NPO法人(ほうじん)ぎんがむら
一緒(いっしょ)に、オンラインおしゃべりかいをします。

 

テーマは「家族(かぞく)のぼうさいじゅんび」です。

 

ママとして、家族(かぞく)を守(まも)りたいきもちは みんな同(おな)じです。

でも、「日本(にほん)は災害(さいがい)が多(おお)い国(くに)です」と言(い)われても、

災害(さいがい)にあったことがないと、想像(そうぞう)するのは 難(むずか)しいです。

「私(わたし)は何(なに)をしたらいいの?」と、思(おも)いますよね。

 

10年前(ねんまえ)、2011年(ねん)3月(がつ)11日(にち)に東日本大震災(ひがしにほんだいしんさい)がおきました。

その震災(しんさい)にあった人(ひと)から、避難所(ひなんじょ)の話(はなし)を聞(き)いて、

これからに やくだてませんか。

 

どんな準備(じゅんび)をしているか、準備(じゅんび)をするために どんなことが知(し)りたいか、

みんなでおしゃべりしましょう。

鎌倉助産師会(かまくらじょさんしかい)さんも一緒(いっしょ)に参加(さんか)します。

例(れい)として、鎌倉(かまくら)や小田原(おだわら)の防災(ぼうさい)のこと、

いろいろな言葉(ことば)の防災(ぼうさい)にやくだつツールも 紹介(しょうかい)します。

 

<日(ひ)にち・時間(じかん)>

3がつ11にち 9:30-10:35(もっとおしゃべりしたいばあい、11:00までやります)

 

<場所(ばしょ)>

オンライン(Zoom)です。

 

<使(つか)う言葉(ことば)>

日本語(にほんご)・英語(えいご)

*外国人(がいこくじん)ママ・パパの日本語(にほんご)の練習(れんしゅう)のため、

日本語(にほんご)と英語(えいご)両方(りょうほう)をはなすことが多(おお)いです。


でも、その回(かい)に参加(さんか)する方(かた)にあわせて、変(か)えています。

 


日本語(にほんご)を勉強(べんきょう)しているママたち、日本語(にほんご)で

話(はな)す練習(れんしゅう)にもなりますよ。


みんなで応援(おうえん)します。

まちがえても大丈夫(だいじょうぶ)です。

大切(たいせつ)なのは、心(こころ)をこめて おしゃべりすることだと、

まるまーるは考(かんが)えています!

 

<もうしこみ>

こちらから3がつ3にちまでに もうしこんでください

人数(にんずう)がおおいときは、ちゅうせんになります。

けっかは、3がつ5にち頃(ごろ)にお知(し)らせします。

 

<しつもん>

marmar.japanwithkids@gmail.com

 

MarMar is organizing an online meet up in collaboration with Kanagawa International Foundation and NPO Gingamura.

 

The topic is “How is your family prepared for disasters?”

 

Moms share the common thought that we have to save our family in case of disasters.

Many say that Japan is a country of disasters, but when we have no experience or knowledge of what disasters really are,

it is difficult to make appropriate preparations. 

 

10 years ago on the day of our meet up, a huge earthquake hit the eastern part of Japan.

Let us have a talk from a survivor of the earthquake, and ask what she experienced.

Participants will be invited to share questions and their preparations for all of us to be better prepared.

Kamakura midwives association will join us for the talk.  

We will also talk about public disaster management in Kamakura and Odawara for example,

and share some useful multilingual tools for disaster management.

 

<Date and Time>

March 11 9:30-10:35 (+ some more until 11:00 for who wants to chat longer!) 

 

<Venue>

Online (zoom)

 

<Languages>

We usually speak Japanese and English, however, it differs by participants in each event.


If you are learning Japanese, this is a great chance to practice conversation in Japanese.

All parents here respect and support your effort. MarMar believes what's important is to talk with our hearts.

Wherever you live, first-comers, non-English nor Japanese speakers are of course welcome!

 

<How to Participate>

Please fill the application form by Mar. 3, 2021.

We may need to do a drawing of participants when we should receive many requests.

We will inform you of the result around Mar. 5, 2021.

 

<Inquiries>

marmar.japanwithkids@gmail.com

 


まえのいべんと Past Events: